TOP>美容コラム

髪にもキケン!?紫外線の影響と対策

 
近年、紫外線の量は確実に増加しています。以前と同じ紫外線対策では、現在の紫外線は防ぐことが困難になってきています。今は紫外線を浴びても日焼けをする位で、自覚症状は少ないのですが、影響が出てくるといわれているのは、20年~30年後です。今しっかりと対策をしておかなければ、取り返しのつかない事が起きてしまいます!!
そこで、そんな事が起きないようにしっかりと紫外線の事についてご紹介していきます。

 

紫外線はどう髪に悪いのか?? 

 
紫外線は1年中降り注いでいますが、特に5月~9月までは多い日が続き、1年の半分近くは強い紫外線を浴びていることになります。髪の毛が紫外線を浴びると、髪のタンパク質が壊れてしまし、枝毛・切れ毛・乾燥、ゴワつき、髪の色の変色や退色が起こってしまいます。
 
 

対策方法は??

 
現在、多くの種類のUV商品が販売されており、スプレータイプや流さないトリートメントの中に入っているものなどがあります。お出かけの際はそちらをつけてお出かけ頂くか、帽子や日傘も効果があります。お肌にも日焼け止めを塗るタイミングと一緒につけてからお出かけください。

 

最後に・・・


近年UVケアは新しい習慣になってきています。ケアは毎日の事なので、習慣化する工夫と努力が必要になってきています。この習慣を今創るか、創らないかで日々のお手入れが楽になるか、ならないかが変わってきます。髪が決まらないと外に出るのもイヤになってきますよね?
そうならないようにぜひ紫外線対策をしてステキなヘアーライフを送りましょう!!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

新着記事一覧