TOP>美容コラム

カラー剤の種類と用途について

 
ヘアカラーには明るくする、暗くする、白髪を染めるといった用途にあわせて様々な種類があります。
大きく分けると5つのタイプがあり、髪や頭皮の状態(ダメージや髪質など)や仕上がりのイメージによって使い分けます。

ブリーチ
ブリーチは髪を明るくする時に使用します。ブリーチは髪の色素(メラニン色素)を分解し、脱色することによって髪の色を明るくしていきます。
(トーンアップ)ブリーチ剤には色を染める成分は入ってませんので、髪に色を入れたいときにはヘアカラー剤やヘアマニキュアなどをブリーチ後に使用します。
 
ブリーチには脱染力(髪に残っているヘアカラーの色素を抜くこと)もありますので、黒染めをした後に明るくしたい場合に用いることもあります。
また、ブリーチ剤は脱色力が強いため短時間で一気に明るくできますが、その反面、頭皮への刺激も強く、ダメージが大きい髪や細くなった髪に使用するととても傷みやすくなり、抜け毛や切れ毛などの原因になることもあります。
頭皮がデリケートな方やダメージ毛に使用する際には注意が必要です。

   

ヘアカラー
一般的におしゃれ染めや白髪染めとして使われているのがヘアカラーです。
一度髪を脱色して色を入れるので、明るいものから暗めのものまで色のバリエーションが豊富で、色持ちも長く続きます。
ヘアカラーは2つの薬剤(1剤と2剤)を混ぜ合わせて使う物が多く、最近では泡タイプになっているものもあります。
髪の内側からしっかり染まるので長く色持ちさせたい方にはオススメですが、繰り返し使用するとパサつきや抜け毛が起こったり、染料に含まれているジアミンなどの成分がアレルギーなどの原因になることもあります。使用する前にはパッチテストをしましょう。

ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは髪の表面(キューティクル)をコーティングしながら色を吸着させて染めていきます。
ヘアカラーのように髪のメラニン色素を脱色することが出来ないので、明るい髪色には色がはっきり出ますが、暗い髪色にはあまり色が目立ちません。また、ヘアカラーと違って内部まで色が入らないため、色持ちは約2~4週間(髪質やダメージ具合によって)とヘアカラーより短いですが、キューティクルを開いたり脱色することがなく、髪の表面がコーティングされていますので、髪を傷めずに染めることが出来ます。
 
 
ヘアマスカラ・ヘアスプレー
ヘアマスカラは一時的に髪の表面に色をつける染毛料で、シャンプーで簡単に落とす事が出来ます。一時的に生え際や分け目の白髪を隠したり明るい髪を暗くしたいときに使われます。髪に負担がなく、すぐに染めることが出来ますが雨や大量の汗などで、簡単に色が落ちることがあります。使用する際にはその日の天候やタイミングに気を付けましょう。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

新着記事一覧